■千桜塾〜せんおうじゅく〜第十回テーマ
【杉本鉞子〜サムライの娘〜】
■日時
【2014年4月9日(水)】
開場 19時…
開始 19時30分
終了 21時
■会場
【まちなかキャンパス長岡・交流ルーム(フェニックス大手イースト5F)】
■講師
【河井継之助記念館 館長 稲川明雄先生】
■参加費
【1,000円】
■定員になりしだい締め切らせて頂きます。
■主催・申込先
【越後RYO-MA倶楽部】
Facebookでの申し込み、またはRYO-MA倶楽部メンバーへご連絡ください。
文明開化の明治時代に突入した【千桜塾】、女性の先人をテーマにします!
幕末の長岡藩家老であった板垣平助の娘「杉本鉞子」。
明治時代に単身アメリカに渡ると、英語で書かれたベストセラー自伝「武士の娘」を出版。
生涯通したとされる鉞子の着物姿は、諸外国人からも敬愛されました。
日本の伝統や心情を記した「武士の娘」は、各国後に翻訳され、欧米から見た日本の「サムライ」像の元になったともいわれます。
当事国際社会で評価された日本人像が、鉞子が描いた「長岡武士」のイメージであったことを知りましょう!
■千桜塾〜せんおうじゅく〜のコンセプト
ふるさと越後長岡に生きた彼らにこそ、私たち同郷人は強く共感できる!
年表の暗記ではなく、「人」の生き方への理解を深める郷土史講座。
【覚える歴史から、今に生かす歴史へ】
”何のために”を長岡の偉人から学び、それを今に生かさないと歴史とは言えない。
この”何のために”を学んで、ひとりひとりの人間力を高めていくのが千桜塾です。
長岡郷土史の第一人者 稲川先生から発信される言葉や名言は
今の生き方、考え方の柔軟性を鍛え、また豊富な感性を養える郷土史塾です。
若者が中心となり、郷土史を勉強し、そして次の世代に繋る。
歴史が嫌い…興味がない…そんな方には特に参加していただきたいです!!