西に坂本龍馬あり、東に河井継之助ありと称される傑物。 彼もまた【常在戦場】を心に生きた人でした。 その河井継之助が江戸に出て学んだのは27歳、西日本遊学は32歳、人にとって学びの機会が尽きることがありません。

幕末の日本が大きく変革し、激動した時代。

今を生きる私たちも種類は違えど同じ状況に置かれているような気がしてなりません。幕末の激動の時代と今は重なるところが多々あるように思います。 だからこそ、今現在、幕末の変革していく日本の歴史は大変興味深い。

今を生きる日本人だからこそ、 今を生きる長岡人だからこそ、

河井継之助という郷土の先人から、生きる知恵を学びましょう!