幕末激動の時代を駆け抜けた坂本龍馬。
その坂本龍馬を中心とした海援隊の中に長岡藩士がふたりいました。

そのうちのひとり白峰駿馬。

白峰は長岡の東に大きくそびえ立つノコギリ山。
駿馬は龍馬以上になりたいという想いから自ら名乗ったそうです。

龍馬暗殺の時、真っ先に近江屋に駆け付けたのが白峰駿馬だとも伝わります。
駿馬は友を京都に弔うと転戦。

戦後は日本初の造船所を創業し、明治の文明開化を助けました。
若き駿馬の、長岡脱藩の決意とは?!駿馬が見てきた幕末とは?!